スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本の原画展


子どもたちと東郷青児美術館で絵本の原画展を見てきました。
いわさきちひろ美術館で所蔵している原画の公開ということなのですが・・・お宝満載、見応えたっぷり、でした。
そもそも、ゴールデンウィークに訪れた安曇野のちひろ美術館というのが絵本の原画を紹介するために作られたものとのこと。
所蔵原画数は2万6500点にものぼるそうです。

shi3.gif

絵本としてもちろんすばらしいものばかりではあるのですが、やっぱり原画の力強さにはかなわないのですね。良いものを見ました。

ベストセラーの「てぶくろ」(思ったよりも小さくて細かくて繊細でびっくり)とか「スーホの白い馬」(絵だけでもせつせつと伝わるものがあったり)とか「わたしのワンピース」(すごくきれいでかわいかった)とか、田島征三さんの初期の「ふきまんぶく」(やっぱり迫力あった)などなど。

たぶん、誰もが1度は読んだことのある絵本の原画が沢山紹介されていましたので、興味がある方はぜひ。というか、こんなに一度に原画を見る機会もそうそうはないと思いますので、ホントにぜひぜひ。8月30日まで。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。