スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生懸命

歩いているみたいで・・・何となく食べられないで飾ってあるんでした(笑)。

DSC04084.jpg
スポンサーサイト

バラのロールケーキ

私、ローソンのプレミアムロールケーキのひそかなファンでして。
新作が出るとつい買っちゃう。いや、絶対買って食べてます(笑)。

今回はバラのロールケーキとのこと。
実際にバラペーストを生地に練り込んであるらしいのですが、ピンクがかわいいのと。中にライチとラズベリーのソースが練り込んであって甘酸っぱいのも美味しかった!

DSC04092.jpg

バラの花びらが1枚トッピングしてあるのもかわいいですよね。

『たのしい切り紙』通信寺子屋

実は、井上由季子さんのモーネ工房の通信寺子屋受講中なのでした。
私が参加しているのは、はがきサイズの紙に毎月10枚好きな切り紙をする、というもの。
提出すると井上由季子さんがコメントをつけて返してくださいます。

DSC03862_2014061610234283b.jpg

迷い中の初回の切り紙。新聞紙使用。
私、大の新聞好き(笑)。紙の質とか手触りとか印刷の感じとかが好きなんですよね〜。

DSC03864_201406161023432ae.jpg

切るのが楽しくてかなり凝った(←私的に)月。
2月だったからテーマはハート。これも新聞紙使用。

DSC04088.jpg

もはや切ることしか楽しんでない最近のもの、提出前。
切り紙っていうかコラージュですね。
以前、コラージュも切り紙だとおっしゃっていたのでこういうのも有りかな、と思って作りました。
そして、初めて新聞紙じゃない紙使用。

過去の生徒さんの作品などを見るとすばらしく、また、いろいろなところでされているワークショップでの作品もすばらしく。
何をどう切ったらいいのか、どうしたら素敵な作品が作れるのか・・・悩んだりもしたのですが。
井上由季子さん曰く、楽しんでやるのが大事。

その言葉だけを頼りに・・・やっぱり紙が大好きな私ですし。
身の回りを見回すとかなりの紙に囲まれて生活していますから。
いろんな紙を触って切って貼ってこれからも思いっきり楽しめればいいなあと思っているところです。

紙ナプキンホルダー

鳥の形をした紙ナプキンホルダー。
フィンランドのヴィンテージもの。

DSC03902.jpg

1960年代に作られていたのでフィンランドの年配の方のお宅では良く見かける、とのことでした。

テンポドロップ

我が家の地方も梅雨入りしました。

そんな天気が分かるという、ストームグラスをしばらく前から置いて変化を楽しんでいます。
19世紀には航海時などに使われたようで、ジュール・ベルヌの小説『海底二万里』に登場する潜水艦ノーチラス号にも設置されているそうです。

DSC04019.jpg

我が家にあるのは、テンポドロップというしずくの形のオブジェタイプ。
まあ、天気が分かるかどうかはともかく。
結晶の変化を見るのは楽しいです。
雨が降りそうになると、葉っぱの形の結晶が出来るようです。

DSC04032.jpg

ペロカリエンテというデザインブランドのものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。