スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲府プチ旅行

館山の数日後(笑)、今度は家族と甲府へ。

DSC03794.jpg

甲府はこの方、甲府駅前の武田信玄。桜も少しずつ開花。
甲府は過去にない大雪に見舞われましたが・・・春は来ていました。

DSC03755.jpg

甲府だと富士山との距離感はこんな感じです。

DSC_0031.jpg

ホテルの朝ビュッフェにあった、名物ほうとう。

DSC03764.jpg

今回のお目当て、山梨県立美術館。ミレーで有名な美術館ですが、すばらしい絵画の数々!!解説ボランティアの方が付いてくださったのですが、とても丁寧な解説に感激。その絵の背景などが分かると、絵が語りかけてくるものも違ってきますよね。
ミュージアムショップも充実していました。

DSC03783.jpg

同じ敷地内にある文学館。
山梨と縁のある作家の方々の資料などがたくさん集められていました。
4月からの朝ドラの主人公、村岡花子さんも甲府の生まれ。初版本などが展示されています。
企画展も4月からあるとのことでした。

そして・・・↑の手前に何やら絵が描いてあるの、分かります?

DSC03784.jpg

これをレンズごしに見ると・・・。
なんと立体に見える、という。
下を向いて写真を撮ると、崖を上から覗き込んでいるような写真が撮れます。ホントは美術館と文学館の間にある平坦なエントランスなんですけれども。3Dストリートアーティストであるエドガー・ミュラーさんの作品だそうです。今年の6月下旬までの展示とのこと。

DSC03795.jpg

お昼に食べた、生姜焼き定食。
ホテルでもローストポークを食べたのですが、どちらもブランド豚「フジザクラポーク」を使ったもの。
柔らかくて甘くておいしい豚肉なんですよ!4月から全国に出荷されるとのことです。

DSC03798.jpg

甲府駅北口も素敵なことに!甲州夢小路というのだそうです。サイトの言葉をそのまま引用すると「かわいい小江戸情緒が息づく、明治、大正、昭和初期の甲府城下町を再現」とのことで、お散歩すると楽しい空間です。

DSC03802.jpg

素敵なお店もいっぱい!ちょうどオープン1年とのこと。一番奥は信玄餅で有名な桔梗屋さんのカフェでした。
スポンサーサイト

館山のグリムさん

私、実は児童文学のお勉強会のグループに参加しておりまして。
メンバーの皆さんの知識がハンパなく、知らなかった〜!!という情報をいっぱいいただける楽しい会なのでございます。

そのお勉強会を立ち上げた方が館山で児童書の専門店をされていたのですが、この3月でお店を閉められるということで最後にぜひお店に伺いたい!と会の皆さんにくっついて館山まで行って参りました。

DSC_0024.jpg

グリムさん。

DSC_0026_2014040119001365b.jpg

お片づけを始められている、とのことでしたが。それでも魅力的な絵本がぎっしり詰まっていました。

DSC_0022.jpg

館山ならではの広いお庭で見つけた葉っぱ。
これ、ラプンツェル(ちしゃ)だそうです。

絵本や自然に対する愛情をたっぷり感じられる素敵な空間でした。
もうずっとここに居着いて本を読んでいたい!と心から思いました。

きっとまたどこかで、こんな空間を作ってくださるんじゃないかなあ、そこにまたお邪魔できればなあと願っています。



イングリッシュマフィン

イングリッシュマフィンを時々焼きます。
こちらはパン教室ではなく、母直伝のレシピで。

DSC03319.jpg

イングリッシュマフィンと言えば、コーングリッツ。

DSC03321.jpg

型に入れて発酵。
厚紙とアルミホイルで簡単に作れますが、これはイングリッシュマフィン用の型を使っています。
・・・いつか焼きたいと思っていたんでしょうね。なぜか型だけは何年も前から持ってました(笑)。

DSC03322.jpg

こんな感じに。ちょっと焼き色つきすぎなので、我が家のオーブンとの相性を研究中。

本当は今大流行しているエッグベネディクトなども格好いいのですが。
何ってポーチドエッグがなかなか上手に出来ず、只今猛特訓中です。
いつか、こちらで紹介できる日が来るといいのですけれども・・・なかなか先は長そう。

ガラスのケトル

ある本にガラスのケトルを使っている方の写真が載っていました。
丸い形に木の持ち手(もしかしたら蔓が巻いてあるのかも)で、すごく素敵でした。
いいなあと思って読んでいたのですが、そう言えばガラスのケトルだったら私も持っているわ、と思ってひっぱり出してきたのがこれ↓。

DSC03683.jpg

どっしりした感じのこれ、オールドパイレックスのものです。
ヴィンテージなので、持ち手の金具が少し壊れていたりもするのですが、まだまだ使えるんですよね。
ガラスごしにお湯が沸く様子が見えるのが楽しくて再び使い始めました。

DSC03691.jpg

だったら保温はこれ、とヴィンテージのサーモスポットも!
今までいろいろな保温ポットを使ってきましたが、個人的にヴィンテージのサーモスほど保温が効くものに出会っていません。こちらも、まだまだ現役。

DSC03688.jpg

中の蓋も雰囲気あるんですよ♪

春のあんぱんまつり♪

Backe晶子さんの3月のレッスンはあんぱんまつり。
あんぱんと言っても、いろいろありますが、ここは晶子さんですから。
甘すぎず、重くなく、おいしいあんぱんでした!

DSC03719.jpg

焼き上がり。中身はなんと、さくら餡。春っぽくていい感じです。

DSC03713.jpg

出番待ち桜餡たち・・・。これが↑に詰まってます。

DSC03722.jpg

いつものランチ風景。サラダ2種類とスープ。

DSC03725.jpg

スープは野菜たっぷり。
晶子さんのところでランチ=野菜がいっぱい食べられる!ですね。

DSC03726.jpg

水菜のサラダの半熟たまごのっけ!
マスタードを使ったドレッシングもおいしくて、水菜がいくらでも食べれちゃう。
ドレッシングばっかりの本作っちゃったりして、なんておっしゃっていましたが。
ぜひ欲しいです、そのレシピ本。

DSC03718.jpg

2次発酵準備中。

DSC03727.jpg

焼き上がり〜♪
型でちぎりあんぱんですよ!しかもよもぎ粉を練り込んだ生地!
よもぎ粉はたぶん1年中ありますが、やっぱりこの季節に春を感じたいですもんね。
パンのようでパンでなし、という感じのパンでした。
お茶にも良く合いそう♪

一人で16個にあんこ詰めるのは大変かも、と思いつつ。
型好きのワタクシとしては、得意なパンのひとつにしたいところです。
まずは、焼かなくちゃ、ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。