スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おうちパン*deランチの会に!

念願の晶子さんのカフェBackeさんにお邪魔してきました。

晶子さんのことはもうだいぶ前から雑誌等で拝見していて、いつかきっとお会いできるはず、と思っていた方です。
この度、ついにご縁があってカフェに!

DSC00865_20130131003719.jpg


何と言うか、好きな物がつまった空間でした。
カフェの名前のワイヤー細工。

DSC00859_20130131003719.jpg


雑貨たち。
hayashi mayumiさんの作品が並べられていました。
紙好きの私には魅力的な品々ばかりでした。


DSC00862_20130131003720.jpg


美しく並んでいる器たち。

DSC00867_20130131003720.jpg


テーブルの上にもさりげなくワイヤー細工の鳥かごが。
          
          
DSC00878.jpg


おしぼりとカトラリーのセッティングもシンプルでかわいいんです。

          
DSC00871_20130131003721.jpg


さて、いよいよランチです。
憧れのハイジの白パン!!
そして、右の方にちょろっと見えてるのが黒糖ロールパン。
柔らかいのだけど、噛みごたえもしっかりあっておいしかった!!

        
  DSC00872_20130131003750.jpg


ジャガイモとブロッコリとソーセージのホットサラダ。

          
DSC00873_20130131003751.jpg


お豆とミニトマトのサラダ。
シンプルな味付けで、飽きのこないお味。
これ、いくらでも食べられちゃうかも。

          
DSC00884_20130131003752.jpg


画像がなかったのですが、他に白菜と厚切りベーコンとミルクのスープも。
優しいお味でした。
そして、食後のコーヒーまでたっぷりしっかりいただいてきました。

         
 DSC00893_20130131004726.jpg


お土産にいただいてきたちぎりパン。
あっという間に子どもに食べられてしまいました。

実は、4月から晶子さんのパン教室にも通わせていただくことになったのでした。
ご縁があったことに感謝しつつ・・・
久しぶりに何か始めるというワクワクを感じています。
スポンサーサイト

子どものための工芸展

いわさきひちろ美術館に行ってまいりました。
目的は出久根育さんの原画展で、それはそれは素晴らしかったのですが。
今回は同時開催していた「子どものための工芸展」の紹介します。

          
DSC00805_20130131001156.jpg


いや、もう。どれもこれもかわいくて、ぎゃーぎゃー言いながら写真を撮ったのでした(笑)。
子どもの誕生日のための王冠です。りんごが付いてるの、分かります?

          
DSC00803_20130131001157.jpg


とても素敵で気に入った動物の揺り椅子。
いろんな動物たちが並んでおりました。

          
DSC00800_20130131001157.jpg


ゴリラバージョン。
色の組み合わせもかわいいです。

          
DSC00798_20130131001158.jpg


シマウマ。
こちらは試乗可、だったのですけれど、15歳未満お断りだったのであきらめました。どれもいいお顔、してました。

他にも、子どものためのお茶セットとか塗りのお椀やお箸などなどすばらしい工芸品が並んでいました。
子どものものこそ本物を、という考えは私の中にもあり、実行できることは実行しました。
たしかに、お茶碗やお皿・・・何枚も割りましたけれども。
子どもに心は伝わったんじゃないかなあ・・・と思っています・・・どうでしょう?

円空展と王羲之展

またまた上野へ。
今回は、目的通り「円空展」と「王羲之展」のため国立博物館へ。
本当だったらどちらか1つをじっくり眺めるべきなのでしょうか、ちょっと欲が出ました(笑)。
王羲之展では、世界初公開という「王羲之尺牘 大報帖」もしっかり見ました。
遣唐使が大事に持ってきた書、というだけで重みを感じます。

そして、更に欲を出して常設も少しだけ見てきました。

          
DSC00827_20130130230804.jpg


こちらは、国立博物館所蔵の円空「如来立像」です。
実は国立博物館は一部、写真撮影可なんですよ(ダメなものにはマークが付いています)。知ってました?

約12万もの仏像を残したと言われている円空ですが、木の雰囲気をそのまま残す仏像が多くありました。
それが何とも優しく、温かい気持ちになりました。
娘はずっと「かわいい、かわいい」と言っておりましたが・・・。
そのような感想も有りだろうと思います。
          
          
DSC00830_20130130230805.jpg


本館の展示室と展示室を結ぶ部屋の壁が素敵でした。
ここだけでなく、建物自体の作りも面白いので、次回は常設と建物をゆっくり見に来たいと思いました。
所蔵も多彩なので、結構、いろいろ楽しめますよ。

          
DSC00849_20130130230805.jpg


壁を正面から見るとこんな感じ。
床も素敵でした。



         

ハシビロさん

そして、私の一番のお目当て「ハシビロコウ」。
私自身はひょんなきっかけで知った鳥なのですが。
実は意外にもファンが多いということが最近分かりました。
皆さんはご存知でしたか?

          
DSC00754.jpg


何とも不思議な風貌で、英語ではshoebill(靴のようなくちばし)という名前がつけられているそうです。
何ともかわいくて、ずっと見ていられます。

          
DSC00746.jpg


動かない鳥として有名ですが、上野動物園の子は結構動いてくれるみたい。
この日も結構動いてくれました。
羽をバタバタ・・・。

          
DSC00738.jpg


お散歩♪お散歩♪

          
DSC00743.jpg


だ・る・ま・さんが・・・転んだ!(的な動きでした。笑)。

上野動物園には今、5羽のハシビロコウがいるそうです。
この子は女の子のアサンテさん。
他の子たちにも会いたいな。

ペンギンさんとヤギさん

我が家はどちらかと言うと水族館派。
なので、動物園に行くことも久々だったのでした。

     
 DSC00730.jpg


息子がペンギン好きなので、水族館でも動物園でもペンギンは外しません。
ペンギン舎はただ今工事中なのですが、それでも運良く見ることができました。
やっぱかわいいなあ。

         
 DSC00795.jpg



娘ご希望のふれあい広場。
文字通り、動物とふれあうことができるコーナー。
トカラヤギ、かわいかった〜!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。