スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの準備

1週間くらい前にクリスマスの飾りつけをしました。家の中と外に。
いつものんびりなので、みなさんに「今年は早いね!」と言われました(笑)。

でも、12月25日には片付けちゃうので、飾るときの手間を考えると、できるだけ長く飾っておきたいよなぁというのが本音で。
外国だとクリスマスからの12日も大事なので、ずっと飾っておけるのですが、日本はお正月がありますし、お正月にツリーって言うのも・・・。

     1c.gif

今年もこんな感じにシンプルに飾りました。左のリースは、庭で育てたサツマイモの蔓をリースに編んだものです。赤みがかっているのできれいなリースになるんですよ。そこに、近所で取ってきたカラスウリや木の実、お店で買った綿の花や三帰来の実などを飾りました。
自然のものだけで作ったリース、温かい感じがして思いの外素敵になりました。

         3c.gif

玄関前はこんな感じで。寄せ植えはいつもお店の方に作っていただきます。今年は全てお任せしたら「今年はピンククリスマスをテーマにした」とのこと。素敵な寄せ植えをいくつか作ってくださいました。

ささやかですが、イルミネーションも。
さすがに3年目なので、我ながらなかなか手際が良くなったと思います(笑)。
道行く方たちが楽しんでくれるといいなぁと思っています。
スポンサーサイト

植物を愛でる


続けて植物にふれる機会がありました。
ひとつは、苔玉つくり講習会。盆栽を教えていらっしゃる先生がクリスマスを迎えるのにぴったりの苔玉つくりを教えてくださいました。
西洋コケモモと日本柊を使っています。
土をこねるところから作りました。子供の泥団子じゃないけれど、土をこねるとだんだん光ってくるんです。
先生はものすごく植物にお詳しく、生態だけじゃなくて、漢字で書くと何通りもあるということや、歴史、それにまつわるお話など・・・楽しくて時間を忘れました。

         091128-1.gif

もうひとつは、学校のPTA主催の生け花教室。
茶道をずっとやっていた割に・・・実は生け花初体験。ドキドキしました。
器の何倍の長さの枝とその半分の長さのものを組み合わせるといいとか、左右非対称がいいとか、そのバランスの取り方が難しかったです。

ちゃんと生けたあと、持って帰りやすように、フラワーポットの作り方も教えていただきました。それが写真の。一応、先生に手直ししていただいたものです。
赤いリース状のもの、珊瑚ミズキというのだそうです。

曲げる前は、剣山にまっすぐ3本、シュッシュッと立てていかにも和風チックだったのですが、曲げると洋風ちっくでクリスマスっぽくなっちゃうのが面白かったです。
植物も使い方次第で、イメージが全然違うのが、お花の面白いところなんでしょうね。

         091128-2.gif

水天宮の狛犬

七五三のお参りは水天宮へ。
(戌の日のお参りも、3才と5才のお参りもここだったご縁で)。

寒い日であまり人がいなかったので、のんびりお参り。
(・・・道路は巨人の優勝パレードがあったので、通行止めがいっぱいあってホテルからの移動がちょっと大変でしたが)。

水天宮の狛犬、水天宮だけあって家族なんですよ。知ってました?

         fa.gif

阿が、お父さん。おおう、りりしくて格好いい!玉は水天宮の社紋「椿」柄。

         mo.gif

吽がお母さん。傍らには子どもが。こうして見ると、眼差しがとっても優しいように思えますね。
親子の狛犬はここだけだと、守衛さんがおっしゃっていました。

七五三

娘の七五三のお祝いをしました。
両両親と我が家と、8人の予定がなかなか合わず1週間遅れとなったり、新型インフルエンザ等々心配事もありましたが、無事終わってホッとしています。

実は、娘の7つのお祝いにはものすごく思い入れがありまして。
娘に着せた着物は、私の母が着たもの。もう60年近くも前のものです。

         b1121.gif

この着物との出会いは、中2の時に祖母の家で古いアルバムを見ていたときに、叔母が着ている写真を見てすごくかわいいと思ったのが最初(母は3姉妹なので3人とも着た着物なのですね)。

娘が生まれてすぐ、祖母に「そういえば、あの着物かわいかったよね。」という話をしたところ、まだ取ってあるとのこと。見せてもらったら、状態がすごく良く「七五三で着せたいからぜひ貸して!」とお願いして以来、ずっと大事にしまっておいたものなのです。

着物のいいところは、形が昔からずっと変わらないので流行がないし、どんな体型でも着ることが出来ること、柄が古くさくならないこと(まぁ、最近の古い着物ブームもあって、かえって味になるところ)、状態さえ良ければずっと着れること(保存状態が良かったのは祖母に感謝です)。

そう思う人も多いようで、私の周りでも自分のお着物を着せるママも多く、写真館でも我が家のように、お祖母ちゃまのものを着せた方にもお会いしました。

         obi.gif

帯は今のものです。
文庫結びが好きなので「ぜひ文庫結びにしてください!!」とお願いして、結んで貰いました。作り帯ではなかったので、着付けの方が大変そうでしたが、きれいに着付けてくださいました。

ちなみに、着物を着るとき娘がぐずるかも、と思ったのですが、大丈夫でした。
みんなで必死に(笑)かわいいかわいいと言い続けたからなのか、二人でかわいがっているタイニーベッツィーというお人形に良く着物を着せていたので本人も「ベチになる!」と張り切っていたからなのか、着付けが上手だったからなのか・・・。
とりあえず、写真までおりこうさんで良かったです(むしろお兄ちゃんの方が着慣れないスーツと革靴が窮屈で、疲れ切ってました・・・いろんな意味で大変だ、七五三って)。

そんな訳でいろいろ気をつかいましたが、思い入れが長かった分、なかなか感慨深い七五三でございました。
さあ、次なる家族イベントは成人式!?(笑)。


リプトンのおまけ、その2。


リプトンのおまけのストラップ、今度はデメルですよ~。
ここのところ、チョコレートショップが多いですね。
今度はどこだろ?
デイジーも欲しかったなぁ。

        demel.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。