スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大収穫


台風が近づき、今日は寒いくらいの日でした。
夏休みの最終日。親子とも、気分はすっかり秋に向かっています。

さて、今年の夏も大収穫でした。
苗を植えた当初は元気がなくてどうなることかと思ったミニトマト、ぐんぐん大きくなって3日おきにこのくらいの収穫があります。

まだ花が咲いているのですが、気候がどうなることやら。
山本麗子さんの昔のレシピブックに、青いミニトマトのピクルス漬け、というのが出ていたので青い実を採って作ってみようかな。

minitoma.gif

黄色いのは初めて植えた「キャンドルライト」という品種です。酸味がなくて甘いトマトでした。パプリカも黄色が一番甘いし、黄色って甘い色なのかも。
今年は、このキャンドルライトを2本、品種を忘れましたが赤いのを1本、植えました。

これからのお楽しみはサツマイモなのですが、つるがのびすぎちゃって庭がすごいことに。子供たちの「家で芋掘りがしたい!」との希望を叶えるために植えたのですが、どうかなぁ・・・。
スポンサーサイト

ビビンババースデー


父が泊まりで遊びに来ました。
丁度明日は、娘ちゃんと父の誕生日。せっかくなので、一緒に誕生日パーティーをしました。
そのメインのご馳走(笑)。ホットプレートビビンバです。
簡単でおいしくて野菜もいっぱいとれるので、まぁ、誕生日じゃなくても時々作るのですが、今回は特別なので、超高級国産黒毛和牛入りでございます(いつもは挽肉)。
ちょっとおこげがつきすぎちゃったけど、おいしくいただきました♪

12.gif

ちなみに、娘は予定日よりも10日も早く生まれちゃったんです。周りのみんながあまりにも「(父と)同じ日に生まれろ~!」って言ったせいだと、今でも思っているのですが(笑)。
それとも、息子と行った朝のラジオ体操が効いたのかなぁ。
これも、もう7年も前のことです。早いなぁ。

西の魔女が死んだ


DVDを見ました(大森南朋くんが出ていたので。今回は中学生のパパ役。いいなぁ、こういうパパ。かわいかった)。

本棚を見たら、梨木香歩さんの本が思いの外いっぱいあって自分でもびっくり(笑)。
実は、あんまり得意な作家さんではなく、「西の魔女が死んだ」もほとんど読んでなかったみたいです。改めて読み直したら(というか、ほとんど初読に近い・・・)、かなり原作に充実に作られた映画なのですね。
心構えもなく、何の気なしに映画を見てしまったので、最後は大泣きしてしまいました。
おばあちゃ~ん(泣)。

それにしても、こんなおばあちゃんがいたら、おばあちゃんの家に通い詰めちゃうだろうなぁ。いや、住んじゃうかも。

11.gif

原作でも、映画でも、主人公が大事にしている植物が出てくるのですが、私も小さい頃から好きな草だったので、とても嬉しかったです。

以前紹介した、有川浩さんの「植物図鑑」の番外編(雑誌「野生時代」に掲載されたもの)にも同じ草が出ていたのですが、葉っぱ好きが惹かれる草なんでしょうか。

キュウリ草というのですが(もむとキュウリのにおいがするから)、水色の花をつけて、それがすごくかわいいんです。主人公が「ヒメワスレナグサ」と名前を付けて大事にしているのですが、その名の通り、ワスレナグサをものすごく小さくしたような花です。

花巻にて


東北旅行、最後は花巻へ。

hana1.gif

宮沢賢治記念館の目の前にある、山猫軒でご飯を食べました。看板がかわいい。
山猫軒という名前のお店、日本全国にあるようですね。皆さん、賢治ファンなんだろうなぁ。

hana2.gif

宮沢賢治童話村。賢治の世界を体感できるような展示が多く、子供はこちらの方が楽しかったようです。入り口近くに立っていた「月夜のでんしんばしら」たち。
ちゃんと顔もついていてかわいいのですが、これが真夜中に「ドッテテ ドッテテ」言いながら歩いていたら怖いかも・・・。

hana3.gif

岩手全県でほぼ見られるという郷土芸能「鹿踊り(ししおどり)」。

hana4.gif

花巻の台温泉にある「やまゆりの宿」に宿泊。ウェルカムドリンクのお抹茶。手作り白玉付きでした。

hana5.gif

囲炉裏オーベルジュと銘打っているだけあって、ご飯は囲炉裏で。
こちらは朝ご飯。地元のお野菜がおいしかったです。ご飯は、元は宮沢賢治の田んぼでとれたものとのことで、これもおいしかったです。ふふ。

今回、花巻は観光バスを利用して回ったのですが、これが当たりでした。
たぶん、個人の旅行で行かないであろう場所に連れて行っていただいたり(花巻の毘沙門天、すばらしかったです)、なんと言ってもガイドさんの案内付き、しかも、一応団体さんなので、各施設の皆さんに大歓迎していただきおいしい思いもいっぱいしたのでした。
本当は有料の「早池峰神楽」(ユネスコの無形文化遺産に登録申請中)を無料でちょこっと見せていただりもしました。

こういうバスを利用しての観光も有りだなぁと改めて思ったのでした。

盛岡散策2(中津川周辺)


盛岡散策第2弾でございます。

・・・というか、実家に1週間ばかり帰っておりまして。
その前に東北旅行記だけはアップしようと思って必死に書いて実家に帰ったのですが。
プロバイダーさんのトラブルで、書いた旅行記2日分が全部消えちゃったんです!!
ううう。
という訳で、前回アップした内容と異なっていると思われますが、よろしくおつきあい下さいませ。

さて、盛岡ですが、市内を循環しているミニバス「でんでんむし号」(1回100円)というのが走っていて、1周すると市内の様子が良く分かります。途中下車などしながら、盛岡散策を楽しみました。

naka1.gif

中でも気に入ったのが、中津川周辺。
こちらは白沢せんべい店。南部煎餅のお店です。
堀井和子さんが本の中で、ここの極上ゴマ煎餅と削りピーナッツを必ず買って、フレッシュバター(無塩)とチーズのブリーをのせて食べるとおいしいと書いていらっしゃったので、わざわざ立ち寄って買ったのでした(笑)。

nanbu.gif

後日、真似っこしてみたところ。私はワインが飲めないので、梅酒のともにいただきましたが・・・南部煎餅にフレッシュバターにブリーの組み合わせ、おいしかったです。
実は私、ピーナッツの南部煎餅があまり得意ではないのですが、これはピーナッツの甘さとブリーのしょっぱさがすごく合ってました。

naka2.gif

江戸から明治にかけて増改築されたござ九。趣ある建物です。
こちらは表ですが、中津川岸から見る裏側も一見の価値ありです。

naka3.gif

南部鉄器のお店、釜定。
自宅でいくつか使っているので、今回は見せていただいただけなのですが、すっきりしたモダンなデザインの作品はとても素敵でした。黒の南部鉄器、美しいですね。
南部鉄器って北欧っぽい。それとも北欧のデザインが日本っぽいのかな。

naka4.gif

岩手銀行中ノ橋支店。写真だと分かりづらいですが、煉瓦作りの建物。東京駅の設計者が関わっていることもあって、とても似ています。明治に作られたものだそうで、国の重要文化財にも指定されているそうです。

近くには昭和初期に建てられた盛岡信用金庫本店があったり、水色と赤い屋根がかわいい火の見櫓もあったりして、建物だけでも見応えたっぷりでしたよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。