スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本の原画展


子どもたちと東郷青児美術館で絵本の原画展を見てきました。
いわさきちひろ美術館で所蔵している原画の公開ということなのですが・・・お宝満載、見応えたっぷり、でした。
そもそも、ゴールデンウィークに訪れた安曇野のちひろ美術館というのが絵本の原画を紹介するために作られたものとのこと。
所蔵原画数は2万6500点にものぼるそうです。

shi3.gif

絵本としてもちろんすばらしいものばかりではあるのですが、やっぱり原画の力強さにはかなわないのですね。良いものを見ました。

ベストセラーの「てぶくろ」(思ったよりも小さくて細かくて繊細でびっくり)とか「スーホの白い馬」(絵だけでもせつせつと伝わるものがあったり)とか「わたしのワンピース」(すごくきれいでかわいかった)とか、田島征三さんの初期の「ふきまんぶく」(やっぱり迫力あった)などなど。

たぶん、誰もが1度は読んだことのある絵本の原画が沢山紹介されていましたので、興味がある方はぜひ。というか、こんなに一度に原画を見る機会もそうそうはないと思いますので、ホントにぜひぜひ。8月30日まで。
スポンサーサイト

土用干し


土用と言えば、土用干し。
初めて梅干しを漬けました。
塩5パーセントとはちみつで漬けたので、かなり塩分控えめです。
カビが心配でがんがん振っていたら皮が破けちゃったりして(完熟梅だってこと、忘れてた)、見てくれがいまひとつだったりもするのですが、干したら何となく梅干しっぽくなりました。

割ってみると中がまだ完熟梅の黄色のまま。フレッシュな感じの梅干しです。
梅干しも時間が経つと梅酒みたいにまる~くおいしくなっていくんでしょうか。

doyo.gif

3キロで結構多いような気がしていたのですが、数えてみたら70粒ほど。
「1日1粒の梅は難逃れ」のため1個食べるとして、1人の2ヶ月分くらいしかないんですね。家族の1年分漬けるとしたら何キロ漬けなくちゃいけないのかしら?!

そういえば、食べ合わせると良くないという鰻と梅干しを前後で紹介しちゃいました(笑)。ちなみに、科学的根拠は全くなし、だそうです。

土用丑の日ですので


doyo.gif

鰻、食べてきました。
明日息子の誕生日なので、鰻好きの息子のお祝いも兼ねて。

地元で有名な鰻屋「江戸屋」さんにて。

飾りっ気なく、鰻重と肝吸いがどんどーんという無骨な感じで出てくるし、お店も町の定食屋さんみたいな雰囲気なのですが、そこがいいなぁと思って密かにお気に入りのお店なのです。

ここの鰻は蒸さないで焼く「直焼き」(あまり詳しくないのですが、蒸すのは関東風、焼くのは関西風らしいですね)。そのためか香ばしくて、実はあんまり鰻が得意じゃない私でも美味しくいただけるのでした。

オープンと同時に行ったのですが、ほぼ満席で、帰る12時ちょっとすぎにはもう「本日終了」の札が下がってました・・・。午前中は2時半までだったはずなのに、さすが土用丑だわぁと思いながら帰ってきました。

今年の夏はもう1回土用の丑の日がありますね(7月31日)。

直木賞


やっと北村薫さんが直木賞受賞。
このシリーズで、とは思わなかったけれど、でもファンとしては嬉しいかぎりです。
これからもハッとするようなお話を書いてくださるのでしょう。
楽しみです。
そして私はやっぱり、円紫さんシリーズが好きだなぁ。

kao.gif

鷺と雪

市橋織江さん


↓おとなりをもう1回見ようと思ってシネコンに行ったら「昨日からハリーポッターが始まったので時間が変わりました~」とのことで見ることができず・・・。DVD待つからいいも~ん。ううう。

気を取り直して。
カメラマンと言えば、大好きな市橋織江さん。
今年出た写真集に癒されています。
一目で分かる市橋さんの写真、何でこう柔らかいんでしょうか。
この世界に住みたいなぁ。

ori.gif

Gift [市橋織江写真集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。