スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お家ランチ


先日、クロパでシュークリームを焼いたばかりですが、またまた(別の)友達とシュークリームを焼きました。
ホントはアクリルたわしを編む会だったのですが、個人的にもう1回焼いておきたいと思って(笑)。
肝心の写真を撮るのを忘れましたが、結構上手に膨らみ、私、シュークリーム作り掴んだかも!中にポテトサラダとか詰めればお総菜になるし、いろいろ使ってみたいなぁと思っています。

hayashi.gif

さて、写真はその日のランチ。子供がもうちょっと小さかった頃良く作った、簡単ハヤシライスです。久しぶりに作ったら、やっぱり簡単でおいしかった。

お家ご飯は「簡単でおいしい」が一番だと思います。
スポンサーサイト

6月のクロパ


今月はちゃんと(?)スクラップブッキングをやりました。
今回のテーマは「アクリル絵の具で遊ぼう」と「写真をプリントして遊ぼう」の2本。

まぁ、ちょっと前のペーパーをそのまま使うのはつまらないなぁと思ったのと、最近、ペーパーに手を加えて作品を作られる方が多いような気がしたので、みんなでやったら面白いかなぁと思って。

1.gif

ちと分かりづらいですが、ペーパーにアクリル絵の具を塗ったくりました。ちょっとDIY感覚(笑)。

2.gif

写真はみんなにデジカメのデータを持ってきてもらったり、写真をスキャンして、インクジェット用のヴェラムペーパー(ちょっとがっしりしたトレーシングペーパーみたいなの)に印刷して透け感を楽しみました。

後はマスキングテープと外国のチケットなどでコラージュして、スタンプでちょっと締めて出来上がり、というシンプルなレイアウトでしたが、思ったよりも楽しかったのでまたやりたいなぁと思っています。ふふ。今度はどんな紙にプリントしてみる?

3.gif

今回はさくっと私が用意しようと思っていたのですが、結局みんなに手伝わせて(というか、ほぼ他のメンバーが作ってくれた気が・・・)完成したランチ。本で見て作ってみたかったレンコンと豆乳のキッシュと(結構おいしかった・・・よね、みんな!)後はおなじみRayさんレシピを参考に。

4.gif

自分の復習も兼ねて作ったシュークリーム。これもRayさんレシピ。
やっぱり、シューが膨らむまではドキドキするので、きれいに膨らんでくれて満足、満足。カスタードと生クリームのダブルでいただきました。

5.gif

KANAさんのお宅拝見その2


もう本当に素敵なところがいっぱいすぎて迷ってしまったのですが、いつまでも眺めていたかった5カ所をご紹介します。

カーテンは苦手とおっしゃるKANAさん。窓の手前にこんな引き戸が。和紙に柿渋を塗って木の扉に貼られたそうです。

k1.gif

こちらは、クローゼットの扉。和紙にKANAさんが刷毛で模様を描いて貼ったもの。これがまた雰囲気あって素敵なんです。ギャラリーの壁も同様に和紙が貼られていました。「汚れたらまた描いて上から貼ればいいし!それも味!」とおっしゃるKANAさん。

k2.gif

金継ぎお稽古中にも何度も見に行ってしまった、リビングの額。

k3.gif

リビングから階段の方を眺めた景色。

k4.gif

そして、階段。この雰囲気、すごく好き。
ここでの香りも含め、懐かしい空気をとても感じたんですよ。

k5.gif

KANAさんのお宅拝見その1


金継ぎ教室はKANAさんのお宅にて。
お家まるごとがアート作品というくらい、もうどこを拝見しても素敵で素敵で!
写真をいっぱい撮らせていただきました。
その一部をお裾分け。空気とか香りとか一緒にお届けできなくて残念です。

k1.gif

海外の別荘に来ちゃったみたいに素敵な空間と景色でした。しかも、気持ちの良い風がさぁ~っと吹き抜けるんですよ!
ここのシンクがたまご色の琺瑯なのもすごくかわいかったです。

k2.gif

自作の壁からニョキッとはえてる棚。以前ギャラリーにお邪魔したときに、そういう棚をどうやったら作れるかという話で盛り上がったので、じっくり見せていただきました。
そして、瓶に入ったきくらげ。きくらげさえも芸術的。

k3.gif

これは、壁に釘を打ってそこに吊す形の棚。吊してあるのにすごい安定感でした。
湯飲みと茶筒が収納されていて、見た目も使い勝手も良さそうでした。私もお茶をこういう風に美しく収納したいなぁ・・・。

k4.gif

目を引いた手すりとスイッチカバー。壁にかわいいタイルが埋め込んであったりとか、かわいいポイントをいっぱい見つけました。宝探しみたいでした。

その2につづく。
(KANAさん、感激の嵐だったので、もうちょっとだけご紹介させてください・・・)。

金継ぎ教室


遊工房のKANAさんにお誘いいただき、お友達と一緒に金継ぎを教えていただきに行ってきました。

もう「ぎゃ~すてき~!」ということがいっぱい有りすぎて、1日経ってもまだ興奮さめやらず、何から話していいのやら、という感じなのですがまずは金継ぎの話から。

k1.gif

KANAさん流金継ぎのお道具。

k2.gif

欠けたところをこんな風にパテで補修します。
この時点で、私なんて「欠けがなくなった~。嬉しい~。直った~。これでもう十分~。」などと満足してしまったのですが、この後、パテが乾いたら削って整えて金を塗ります。


k3.gif

パテを乾かしている間にお昼ごはん。お弁当持参だったのですが、KANAさん作のお総菜や皆さんの持ち寄りで、あっという間にランチパーティーに!しかも、どれもこれもおいしい~!レシピもいろいろ伺うことが出来てとても充実したランチでした。

k4.gif

KANAさんが作ってくださった、豆乳のパンナコッタ黄桃のシャーベット添え。やさしいお味でこれもおいしかった~!

k5.gif

そして、これが完成したもの(ちょっと分かりづらいですが)。
砂糖入れと塩入れにしている器の欠けてしまった蓋を補修しました。
毎日使っているものなので欠けたままでもいいや、と思ってはいたのですが、生まれ変わってくれると嬉しいものですね。というか思った以上に喜びが大きくて感動すらしてしまいました。

ご一緒した方が、欠けた器を繕ってまた使うって日本にしかない考えだし、日本人の美意識ってすごいとおっしゃっていましたが、まさにそれを肌で感じました。

欠けても金継ぎがあるわ、と思うと今まで以上に、器たちが愛しくなりそうです。まぁ、欠けないように使えばいいんですけれども。

それにしても、もうもう!
KANAさんも、ご一緒させていただいた方たちも、お人柄といい話題の豊富さといい、皆さん素敵で金継ぎ以上にいろんなことを教えていただき心が豊かになりました。ご一緒できて嬉しかったです。ありがとうございました。また、お会いできるといいなぁ・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。