スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしいヨーグルト


4月ですね。今年も、もう4分の1過ぎたんですね。早い~。

ところで、ヨーグルトが好きです。特に飲むヨーグルト。
どんなものもおいしく飲んじゃう方ですが、先日、湯沢に行ったときに出会ってしまいました、これに。

ヤスダヨーグルトの「ドリンクヨーグルト」。

濃厚で酸味がなくってマイルドです。牛乳の味や香りがするような・・・やさしい味なんです。

IMG_0253.jpg

ヤスダヨーグルト 
http://www.yasuda-yogurt.co.jp/index.htm
スポンサーサイト

我が輩はブタである


IMG_0189.jpg

先日のライオンと同じ大久保玲子さんが作られたものです。もう、この表情にやられちゃいまして。ひょうひょうというか、哲学者みたいというか、でもって、とぼけているところが非常に気に入っています。
何だか、今にも歩いてしゃべりそうでしょう?
朝見ると、「まあ、1日がんばってよ。」とか言われてる気分になるのでした。うん、今日もがんばろう。

IMG_0195.jpg

この子、後ろ姿もすごくかわいいんです。見てください、お花柄にお花のしっぽを。
もちろん、布の微妙な色合いとか質感とか、大久保さん独特のステッチとか、健在です!

仔ヒツジのお茶碗


IMG_0228.jpg

益子の横山知加子さんという方の作品。
先日伺った、我孫子のソラルさんで購入しました。水色と白のコントラストと線描きの模様があったかい感じのするお茶碗です。

これもまた、いろいろな使い方ができそうですが、今回は蕪のスープをよそってみました。
蕪のやさしいベージュ色とお茶碗の雰囲気がぴったり合うような気がしました。器と料理の相性が良いと嬉しくなってしまいます。

IMG_0232.jpgこのお茶碗、おまけがあって、スープを飲み終えると底から仔ヒツジが現れるんですよ。

色違いで桃色のものも購入しましたが、こちらはもう少し華やかで可愛い感じです。どんな使い方をしましょうか。

フレンチノットはかわいい


井上由季子さん(グラフィック工芸家)の世界に今、はまっています。

「点と線で、ソーング」(文化出版局)のマネをして早速作った鍋つかみ。

麻のひもでフレンチノットをしたり、ぐるぐる巻きにしてアップリケしたりしています。
ただの布に、ひとつフレンチノットをポコンとつけるだけで愛しくなっちゃうんですよね~。
この本を読んで、捨てられなかったリボンの切れ端とかお気に入りの布のごくごく小さなハギレとかこうやって使えばいいんだな~と目からうろこが落ちました。

で、家族から見たらゴミみたいなものも、ますますかわいく見えて捨てられなくなっていくのでした(笑)。

potholder.jpg


他に、井上さんのこんな本もおすすめ。

*紙から生まれる暮らしの愉しみ (主婦と生活社)
*カードは手作りが楽しい! (文化出版局)
*SWEET+WRAPPING 
    お菓子を作る+包んで贈る おいしい手みやげ 
                  (文化出版局)
more...

春色のケーキ


IMG_0205.jpg

こげ茶と白とピンクの組み合わせにひかれて、つい買ってしまいました。
ビジュアル的に、すっごくガーリーでかわいくないですか?
ヨックモックの季節限定、「ふんわりロールケーキ(ストロベリー)」です。

ヨックモックと言えば、わたしは子供の頃から頂き物のお菓子ではシガール(あの、シガーみたいに長っぽそくってくるくる巻いてあるチュイールクッキー)がダントツ1位だと思っていて、大学生のころまで手みやげはシガールと決めていたのですが、社会人になってからそれを言ったら「え~っ今どき?」と言われてすごくショックだったことをさっき、思い出しました。・・・でも、今食べてもおいしいですよ、シガール。やっぱり好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。