スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルビュジエさん

↓美術館のショップにて。オットとコルビュジエの本やらポストカードやらを買いまくりました。
手前の本は子どもにも分かりやすく書かれていて、西洋美術館の設計のことなども良く分かりました。

DSC02759.jpg

世界のあちらこちらにコルビュジエの建物はありますが。
ロンシャンの礼拝堂見に行きたいなあ。
あちらこちらに取り付けられた色ガラスの窓から入る陽が、それはそれはきれいだそうです。

DSC02760.jpg

コルビュジエさん。
スポンサーサイト

コージーブックス

最近、日本でも大流行りのコージーミステリーですが。
今年、コージーミステリー専門のコージーブックスというブランドが原書房さんから誕生。
最初は2冊ずつ、その後は毎月1冊ずつ発売されるとのこと。

         IMG_1451.jpg

コージーミステリーって言ったら「おいしいもの」ですが。
なかなか、楽しそうなラインナップなので毎月のお楽しみになりました。
個人的に、はちみつシリーズが楽しかった!

コージーミステリーって、基本的にヒロインたちの年齢が高いので。
それなりに共感できる部分もあったり、なかったり。
とにかく、年齢の割にみんな元気なので、妙なパワーももらえます(笑)。

             

こんなのも

↓文字が飛び出す本を紹介しましたが。

こんなのもあります。
文字好きなので、こういう文字の楽しみ方も面白いなあと思って。
 
            IMG_1490.jpg

ジョナサン・サフラン・フォアの"Tree of Codes"。
映画にもなった「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の作者のもの。

         IMG_1495.jpg

中はというと。
…こんな感じ。ところどころくり抜いてあるんですよ。

他のページから他のページへ言葉が繋がっていく感じでしょうか。
ビジュアルとしては、ですが。

作者の意図は、いらない言葉をそぎおとして、全く別のお話を作ったということみたい。

下地になっているのは、ポーランドの作家ブルーノ・シュルツの「ストリート・オブ・クロコダイル」という短編の英訳版だそうです。

なので題名も、Street of Crocodiles をけずって、Tree of Codesな訳です。

フォアという人は表現にタイポグラフィを積極的に取り入れてるとのこと。
別にけずるところを空白にしても良かったのに、わざわざ切り抜いてるところが面白いですよね。
文字が飛んでるように見えるんですよ。

読むというより、私には見て楽しむ本です。

ナンシー・ドルーシリーズ

懐かしいと言えばこれも。
ほんとは10冊あったんですけれど、かろうじて4冊だけ手元に残りました。

             IMG_1015.jpg

思えば、小学校の図書館でこのシリーズに出会っていなければ私のミステリー好きはなかった訳で。
となると、(ミステリーから捕り物に興味が移ったので)時代ものにも出会っていなかった訳で。

私の読書遍歴の1ジャンルを作った(私にとっては)衝撃的なシリーズです(笑)。

ナンシー・ドルーって言ったら、アメリカの女の子が1度ははまる超有名な少女探偵です。
なんつったって、書き継がれて80年。今でも続いている驚異的なミステリー小説です。
時代とともに、現代のナンシーは携帯電話なども駆使しているそうですが。

日本でも、フォア文庫とか東京創元社で復刊などもされています。
私も東京創元社から出ている7冊は持っているのですが。
やっぱり、私のナンシーは読売新聞社から出ていたこのシリーズのナンシーでしかないんでした。


あとね、本の天の部分が真オレンジに塗られていたのも強烈な印象でした。
絵本だけじゃなくて、小説も、ビジュアル的な印象って残りますよね。

活版とことば展

ヒロイヨミ社さんの、活版印刷の作品展「活版とことば」展。
展覧会には行けなかったのですが、並べられた作品をいくつか手にすることができました。

活版印刷って、手で印刷したというのが分かる文字の凹凸と色の濃淡がいいですよね。
活字の生きた感じがとっても好き。

             IMG_1038.jpg

これは、瓶にいろいろな名文のかけらがつまっているもの。
自由に言葉を組み合わせて好きに読んでいいんだと思いますが・・・。

         IMG_1040.jpg

一応、回答なる小冊子も付いてます。

         IMG_1048.jpg

こんな封筒に、こんな冊子が入っていたり。

         IMG_1049.jpg

こんなのも。

             IMG_1047.jpg

形も製本の仕方も様々で楽しいです。

やっぱり、紙も文字も好きだなあ。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。